MICメディカルについて


MICメディカルの目指すべき所

『治験のe化』により、開発スピードを上げ・コスト下げる

"治験のe化"とは?

ITを活用して治験の様々なオペレーション業務を簡単にし、また今までは出来なかったことを実現することで、治験のスピード向上とコスト削減を進めることです。
エムスリーグループの治験のe化推進企業として各工程に対して効率的な支援サービスを提供していきます。

治験のe化の図式

MICメディカル スローガン

わくわく、未来 No.1×3

治験のe化

治験のe化の図式

エムスリー治験グループ責任者からのメッセージ

エムスリーグループ

エムスリーの事業理念の紹介
(インターネット/メディアを活用して効率化)

「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを1円でも減らすこと」
エムスリーはこの理念のもと、これまで医療情報を提供するポータルサイト “m3.com” を通じて様々な医療情報を提供してきました。

治験業界には、効率化の余地は十二分にある

「MR君」をはじめ、医師向けの調査サービスなど、エムスリーでは主に営業・マーケティングをITで効率化する事業が中心でしたが、10年ほど経過してから、研究開発(治験)領域の支援も本格的に開始することになります。治験は過去からのやり方を、良くも悪くも長らく踏襲してきており、まだまだ効率化の余地は十二分に残っています。例えば、書類を受領するために東京から札幌に日帰りで飛んだり、電子カルテのデータを一度紙に書き下して別のシステムに再度打ち込んだりと、ITを活用すればもっと簡便にできることがたくさんあります。

治験君の実績(反応)

エムスリーが治験領域で最初に始めたのが「治験君」です。これまで、製薬会社が治験を実施する際には、過去に実績のある医療機関を中心に限られた候補の中で治験を依頼する医療機関を探していました。「治験君」は “m3.com” の医師会員から治験に協力してくださる医師を募集するサービスで、これにより今まではアプローチできていなかった数倍~十数倍の医療機関候補にアプローチできるようになりました。治験君は2011年のリリース以降、すでに内資製薬会社トップ10のうちの8社を含む30社に活用いただいています。

エムスリーの治験のe化の今後の展望

グループ全体の事業戦略としても謳っている通り、エムスリーはWebサービス中心の事業から大きく戦略転換し始めています。今後はITとリアルオペレーションの両輪を効率化していくことで、次の成長を目指しています。治験事業はまさにこの最たる例であり、CRO, SMOともに国内トップ3の一角となったいま、いよいよ本格的にこの戦略に基づいてアクセルを踏んでいくこととなります。日本の治験は世界の中でも非常にデータの質が高い反面で、時間と費用がかかると言われてきました。近年は国際共同治験が多くなってきており、この「時間」と「費用」が製薬会社のなかでも、より一層重要視されるようになってきています。この追い風のなか、治験というより医療の色濃い領域で、エムスリーグループは「新しい治験」を実現すべく今後も様々なサービスを展開していきます。

会社概要

社名 株式会社MICメディカル (MIC Medical Corp.)
設立年月日 1986年12月
代表取締役 三橋 正伸
所在地 107-0052 東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ
事業所 4拠点
本社
東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ
虎ノ門タワーズオフィス
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス
虎ノ門36森ビル
東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル
大阪オフィス
大阪府大阪市中央区平野町3-6-1
あいおいニッセイ同和損保御堂筋ビル
業務内容
  • 医薬品、医療機器の臨床開発に関する業務
    [モニタリング、QC(品質管理)、QA(品質保証)、メディカルライティング]
  • 医薬品、医療機器の製造販売承認申請支援業務
  • 医薬品、医療機器の製造業許可及び製造販売業許可申請支援業務
  • CRAの教育研修支援業務
  • 上記に係る各種コンサルティング業務